12.6ロックアクション

12.6ロックアクション集会・デモ報告

 

 12月6日午後1時から、大阪市西区・新阿波座公園で、定例のロックアクションを行った。
 これまで、特定秘密保護法廃止に取り組み、すでに2年になるが、さらに戦争法廃止や数多くの課題に取り組んでいる。
 集会では、沖縄の歌や踊り、福島の相馬盆歌があり、緊張感の中に和やかさもあった。

  

 参加者からは、沖縄辺野古の米軍基地建設阻止の闘い、若狭での原発稼働を許さない取り組み等の報告があった。サドルから大阪市の都構想住民投票以降の市長選挙の取り組みの経験から、参議院選挙の取り組みの訴えがあった。
 

 

 集会後、約230人が参加し、難波までデモを行った。御堂筋では、スマートフォンで写真を撮る観光客らも多く、「アベやめろ!」の声が大きく広がった。
 

 

デモ終了後に、ロックアクションの代表である服部良一府連合代表から「来年も厳しい闘いが待ち受けているが、年明け早々の1月6日にロックアクションを行い、頑張っていこう」と提案があった。