私の決意 服部良一

私の決意服部良一

皆様におかれましては、日々公私にご多忙、ご活躍のことと存じます。ここまで活動を続けてこれたのも皆様方の支えのおかげと心から感謝申し上げます。

安倍首相は5月3日九条改憲の意志を明らかにしました。九条3項加憲という形ではありましたが、本丸の九条をいきなりターゲットとしてきたことに私は戦慄を覚えました。来年解散総選挙と改憲の国民投票とを同時に強行する可能性さえ指摘されています。
 

解散総選挙がいつあるのかはわかりません。年内であれ来年であれ1年以内に必ず実施されます。憲法九条を守り抜くことは、戦後平和憲法の下で育ち生活し活動してきた私にとって人生そのものであります。
 

 


私はこの度、来る総選挙に大阪9区から出馬する事を決意致しました。地域の皆さんに愛され期待されるように初心にかえって頑張って行くつもりです。

昨年私が長年住んできた西成区を含む大阪3区で一旦出馬を決定した経過もあります。また若い後継者の誕生に期待を寄せたこともあります。野党共闘のあり方をいろいろと議論をし悩んだ1年でもありましたが、熟慮した上での選択です。

 私は今67才、年齢的には国政への最後の闘いです。いままで労働運動や様々な市民運動、政治活動に関わってきました。余りにもひどい安倍政権を座視するわけにはいきません。今までの経験も活かしながら体力を振り絞って頑張る所存です。自信をもって後世につなげる日本のあり方を主張して参ります。皆様方の暖かい叱咤激励をこころよりお願いしご報告とさせて頂きます。